スマホでいうところのLTE回線と形の上で違っている点は…。

スマホでいうところのLTE回線と形の上で違っている点は、スマホは本体自体が直に電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターを使って電波を受信するという点になります。

ポケットWiFiにつきましては、携帯のように1台1台の端末が基地局と繋がるというシステムですから、繁雑な配線などで頭を悩ますことがありませんし、フレッツ光であるとかADSLを申し込んだ後に行なわれたネット回線工事もする必要がないのです。

ポケットWiFiに関しては、一定期間内に使用可能な通信量や電波の種類が異なっていますので、どのように使うのかにより各々にマッチするモバイルWiFiルーターも違ってくるはずです。

「データ通信容量」、「速度制限」、「毎月の料金」、「通信可能エリア」という4つの視点で比較検証してみたところ、誰が選んでも大満足のモバイルWiFiルーターは、わずか1機種だけでした。

WiMAXのサービスエリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと発表されています。都内23区は当たり前の事、日本全国の県庁所在地などにおいては、100%と言っていいくらい通信サービスを利用することができると受け取って頂いてOKです。

モバイルWiFiの月々の料金は概ね3000〜5000円程度ですが、プロバイダーによってはキャッシュバックを戦略にしているところがあります。この戻される金額をすべてのコストから差し引いたら、実質コストが分かるのです。

ソフトバンクの通信ブランドである「ポケットWiFi」については、WiMAXと比べると速度的に劣りますが、その周波数が故に電波が到達しやすくて、屋内にいようとも接続で困ることがないということで人気です。

LTEと遜色のない高速モバイル通信が可能なWiMAXという通信規格も注目されています。ほとんどノートパソコン等々で利用されていて、「好きな時に好きな場所で高速WiFi通信ができる!」というのがセールスポイントです。

WiMAXと申しますのは、モバイルWiFiルーターと呼ばれる端末の一種で、家の中のみならず外出中でもネットに繋ぐことができ、その上月間の通信量も無制限とされている、今一番人気のWiFiルーターだと明言します。

WiMAXのサービスエリアは、地道に時間を掛けて伸展されてきました。現在では市内はもとより、地下鉄の駅なども不通だということがないレベルにまで達しているのです。

各々のプロバイダーが提案しているモバイルルーターの毎月の料金やキャッシュバックキャンペーンを比較して、ランキング形式で並べてみました。どのルーターが良いのかわからない方は、とにかく閲覧してみてください。

ポケットWiFiという名はソフトバンクの商標なのですが、概ね「3G回線または4G回線を経由してモバイル通信をする」場合に不可欠な「手のひらサイズ」のWiFiルーターのことを意味すると言っていいでしょう。

WiMAXモバイルルーターと言われているものは、契約段階で機種を選定でき、大抵の場合手出しなしでもらえると思います。けれどもチョイスする機種を間違えると、「利用しようと思っていたエリアがサービス除外地域だった」ということがままあります。

LTEというのは、携帯電話であるとかスマホなどで利用される最新の高速のモバイル通信技術です。3G通信回線と4G通信回線の間に位置する通信規格ということもあり、WiMAXと同等の3.9Gということになっています。

WiMAXをレベルアップした形で世に出てきたWiMAX2+は、そのWiMAXの3倍という速度でモバイル通信をすることができます。それに加えて通信モードをチェンジすることで、WiMAXとWiMAX2+以外に、au 4G LTE回線も使うことが可能です。WiMAXとワイモバイルを比較→WiMAXプロバイダおすすめ

spacer